×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気・皮膚病と闘う会

乾癬治療なら

ずっと苦しんでいたカサカサ肌が二週間後、ツルツル肌になれるとしたら・・・

然ですが、あなたは乾癬でこんな悩みをお持ちではありませんか?

さまざまな石けんやクリームを使っても改善しない。

カサカサになって落ちた皮膚をフケと誤解されるのがいやだ。

夜にかゆくて眠れないことがある。

薬で治療を続けているが、よくなる気配がない。

人に会いたくなくなり、ひきこもりがちである。

皮膚のことが気になり、恋愛もする気になれない

もしもこのような悩みをお持ちでしたら、乾癬治療のワナにおちいっているかもしれません。

従来の治療法では改善しない理由

痒い

自らの乾癬を完治させた乾癬治療プロフェッショナルによると「西洋医学による乾癬の治療法はアクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなものではないか」と疑問を投げています。

乾癬の根本的な原因は、体内毒素が滞留したため自己免疫機能が低下することです。

しかし、現在主流のステロイド外用薬やビタミンD3外用薬は、その大切な免疫力を大幅に低下させてしまいます。実際、ステロイドを使っていると、感染症やカゼをひきやすくなります。

まとめると、炎症を抑えるために使う薬が、免疫機能を低下させてしまい、そのため乾癬の根本的な原因がいつまでたってもなくならないという悪循環の状態なのです。


乾癬を完治するまでの道

松尾氏

ではどうすればよいのでしょうか。

乾癬治療の専門家、松尾実氏によると、そのためには免疫力を上げながら、根本的な原因となる体内毒素を排出することなどを推奨されています。

氏自身も8年以上、乾癬で死ぬほど悩み抜いており、苦難の末にたどりついたという治療マニュアルをサイトで公開されています。

こちらは内容の一部です。


1日わずか15分、早ければ2週間で効果を実感できる治療法

あなたの乾癬の原因が分かるチェックシート

乾癬を悪化させる人とすぐ治る人の違い

原因となる毒素を、雪崩のごとく体外に排出する方法

医者さえ知らない、乾癬改善の実際

薬により低下した免疫力をアップさせる方法

乾癬を2倍速で克服する3つのこととは?

もう再発は怖くない!乾癬再発防止プログラム ほか

乾癬ってどんな病気?

乾癬というのは虫に刺されたように赤くなって、あるいは腫れたようになって、その上に白い乾燥した皮状の層ができるものです。特に身体の中でも突起しており、摩擦や接触が起きやすい部位になりやすいとされています。

もともとは、外国人がかかる皮膚病として有名だったものですが、 今では、日本人がかかる皮膚病のひとつとなっています。乾癬の症状は、皮膚が赤くはれ上がり、白いフケのようなものがぽろぽろと はがれおちるものです。そのポロポロを鱗屑といいます。

乾癬の症状は、頭皮やうで、足にでてくることがとても多いです。頭皮にできた癬はいったいどうすればいいのでしょう。

つらい乾癬・・・かゆいし醜いし、どうして私だけこんな皮膚病のようなものになってしまうの?という悩みの相談の声がよくみかけます。 かゆみだけでなく、外見的にも変わり果ててしまって自身が本当につらいと思います。

乾癬の原因って?

実のところ、遺伝なのか、感染なのか、どのような理由でなるのかというのは未だにはっきりとは明らかにされていません。 遺伝ではないという説は大きいです。一説には、現代病のようなものかもしれません。例えば、アレルギーや喘息のように本来は 身を守るための身体の機能が過剰に発揮されたために、それが病状となって皮膚上に表れているのかも知れません。

その証拠、とまではいいきれませんが精神的なものがかかわっているというのは分かっています。例えば心理的なストレスにより 乾癬の症状が悪化するという話はよく効きます。

治すには?

原因が分からなければ元をたつことはできません。ですので西洋医学においては残念ながら対症療法で塗り薬などで抑えるしかないようです。