×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

皮膚病・乾癬の改善

乾癬は、一昔前は、主にヨーロッパやアメリカの人がかかる病気でした。 しかし最近では日本人もかかる皮膚病の一つとして知られています。

乾癬の症状は、皮膚が赤く盛り上がり、銀色のフケが付着し、それがしだいにぽろぽろと剥がれ落ちる皮膚病のことをいいます。

一般的な治療法

皮膚科で乾癬と診断されると、ステロイドやビタミンD3の外用薬をもらいます。 そのほかの改善には、光線療法といって、光源ランプで光線を皮膚や発疹に直接照射して改善する方法がとられます。

また、乾癬があまりにもひどい場合には、レチノイド(ビタミン剤)、シクロスポリン(免疫誘導剤)が服用されます。

乾癬という皮膚病になってから、皮膚科にいって改善してもらうというよりも、日ごろからの生活をきちんとしたものにしてすることが大事です。 ストレスをためない、嗜好品のとりすぎを控える、高カロリーのものばかりをとらない、規則正しい生活をする、などの工夫が大事です。

乾癬という皮膚病にかかるにはそれなりの原因があります。それを皮膚科に行ってみて自分の日常生活がどのようなものであったかを振り返り、そこを正していけば改善する病気です。

ぜひ、日常生活にいろんな工夫をしてみて、乾癬という皮膚病を改善していってください。

8年間苦しんだ末にたどりついた乾癬の改善法に興味はありますか?